自然豊かな熊野の自然体験を紹介します


by drk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
昔のお話し
アウトドア
熊野の歳時記
アウトドア
自然
未分類

以前の記事

2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

フォロー中のブログ

最新のコメント

parnassius-..
by kumanons at 22:07
おはようございます。良い..
by parnassius-glacia at 06:10
こんにちわ。 三重県に..
by さらパパ at 09:49
関電の元巡視路と天川辻越..
by 尾鷲の登山者 at 16:43
さらパパさん ありがと..
by kumanons at 15:23
こんばんはー。 鳥取の..
by さらパパ at 21:43
ぶっしゅかんに似てるー
by 48 at 17:27
そろそろ??の時期ですね..
by 48 at 06:37
ハチノスタケでは?
by 市役所工事 at 06:43
楽しそうですね(*^^*)
by 48 at 21:01

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

最新の記事

四国
at 2015-11-29 23:12
初冠雪
at 2015-10-13 22:07
トレッキング
at 2015-10-05 07:20
素晴らしい熊野
at 2015-09-24 20:10
ばったりんピック
at 2015-09-24 20:07

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

中部
アウトドア

画像一覧

<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

山菜パスタおいしかったです

a0243432_21193038.jpg

21日(土)、今年度初めての主催事業「春の野山の観察会」が熊野市飛鳥町小又地区の「めだか池」周辺で開催されました。
昨日は朝から雨がぱらついて開催が危ぶまれましたが、開始時間を少し遅らせて実施することができました。
今回の観察会には熊野市、尾鷲市、桑名市などより26名の参加者があり、のどかな小又地区の景観を楽しみながら、草花の観察や「めだか池」に生息するカエルやイモリなどを手で触れたりして自然を満喫いたしました。
a0243432_21233135.jpg

また、松阪地区の学校で英語を指導している3名のALTさんも参加し、すっぱいスイバを食べたりして参加者とふれあうことができました。
観察会終了後は、地区集会所に移動し、収穫したタケノコ、ウド、フキ、アザミ、ドクダミ、ユキノシタなどの野草をてんぷらにして味わいました。
a0243432_21241960.jpg

今回は山菜パスタもたっぷりとふるまわれましたので、参加者はお腹いっぱいになって帰路につきました。
次回の観察会は5月5日(土)熊野市磯崎町の井内浦海岸にて「海辺の自然学校」を予定しています。  
[PR]
by kumanons | 2012-04-22 21:30 | アウトドア

磯で遊ぼう「海辺の自然学校」を開催します

a0243432_10143159.jpg

今年度、熊野自然学校の第2弾の企画として『海辺の自然学校』を計画いたしました。
春の大潮は一年のうちで最も潮がひく時期です。井内浦海岸の潮だまりには、ヤドカリ・カニ・エビ・ハゼなどの小さな魚やウミウシ、そしてウツボなどがたくさん観察できます。思いがけない生きものとの出会いがあるかもしれませんよ。磯での生物観察にも絶好なこの機会に、ご家族そろって、ゴールデンウィークの磯遊びを楽しんでみませんか。
☆主  催  熊野自然学校
☆実施日時  5月5日(土) 9時30分集合
 ※雨天時や波が高い場合は5月6日(日)に延期いたします。
☆集合場所  熊野市磯崎町 井内浦農村公園駐車場 
☆募集人数  20人(先着順)
☆参加対象  小、中学生とその保護者
☆参加料  500円(傷害保険・写真代を含む)
☆準備物
タオル・帽子・飲み物・ぬれても良い服装(長ズボン、水着は擦り傷のおそれがあります)
・すべりにくい靴(サンダルはすべって危険です)・軍手
・捕まえた生き物を入れるバケツなど。
※あればよいもの(着替え、網、箱めがね、水中眼鏡など)
※魚を突く「ヤス」・釣り具などは使えません。

☆申込先 「熊野自然学校」まで電話・FAX・E-mailでお申し込みください。
☆ Tel/Fax 0597-84-0465
 携帯 090-7313-6262   E-mail kumano@ztv.ne.jp 
☆その他  
この企画は、参加者の自己責任において任意で参加していただく企画です。行動中の怪我や事故には加入する傷害保険の範囲内で対処することに同意の上お申し込みください。
☆日程
9:30 受付・開校式
     磯遊びと生物観察会             

12:30 閉校式・解散
a0243432_10172867.jpg

[PR]
by kumanons | 2012-04-12 10:17 | アウトドア

そのわけは地形図にありました

a0243432_9425637.jpg

地元外の山岳会などが旧日進小学校の裏山にそびえる標高845mの「新保色山」を「保色富士」と称し、その裏手にある903.2mの「無名峰」を「新保色山」と間違えて表示してしまった理由は、上の地形図に原因があると思われます。
国土地理院発行の地形図には845mも903.2m双方とも何の表示もされておりませんが、熊野市が昭和60年に発行した「熊野市全図」に903.2mの「無名峰」を間違えて「新保色山」と表示してしまったようです。
地元の方は「新保色山」とは旧日進小学校の裏山にそびえる山とわかっていますが、地元外の方は当然地形図などを参考にして山歩きをしますので、「ここは新保色山と違うじゃないか、903.2mの山は奥の山だぞ」と間違えてしまうのも仕方のないことかと思います。
特に最近は山の会などがインターネットに山行記録を頻繁に掲載しますので、知らず知らずのうちに903.2mの山が「新保色山」で845mの山は「保色富士」ということに定着しつつあるのでしょう。
このことに目くじらを立てて怒っているわけではありませんが、仮に他の国の人々から「富士山」は「御嶽山」という名前でインターネットや新聞などで紹介され、そのことが定着してしまえば日本人はどのように思うでしょうか?困りますね。
[PR]
by kumanons | 2012-04-12 10:07

新保色山考

a0243432_14441170.jpg

3月12日に熊野市飛鳥町にそびえる新保色山についてアップいたしましたが、今日は久しぶりにその続きを少々。
昨年の3月にトレーニングのため、岩茸倉と新保色山に登りましたが、岩茸倉には真っ赤な鯉のぼり、そして新保色山頂上には色鮮やかな風呂敷を設置してきました。鯉のぼりや風呂敷を流せば、飛鳥町や五郷町からはっきりと見えるわけです。いい年をしたオッサンが真剣になって鯉のぼりを山頂に設置している姿を想像すると、ちょっと恥ずかしいですが、望遠鏡で確かめた時の感激はなかなかのものでしたよ。
a0243432_14541160.jpg

どうですか、山頂にひるがえる緋鯉。いきいきと泳いでいると思いませんか?
a0243432_156755.jpg

a0243432_15205461.jpg

ところが、少々困ったことがあります。新保色山の山頂に着きますと様々な山の会が山名板を設置してくれているのですが、そのほとんどが「保色富士845m」と記しているのです。
そして、その隣の903.2mの無名峰を「新保色山」と表示しています。
a0243432_15131642.jpg

「青空高く保色山・・・・」と旧日進小学校(現飛鳥小学校)の校歌に歌われている「保色山」は小学校の裏にそびえる845mの「新保色山」なんですね。903mの無名峰は飛鳥町からは全く望むことができない山なのです。では、どうしてこの様なことになったのでしょうか?そのわけは次号をご期待ください。
[PR]
by kumanons | 2012-04-07 15:21 | アウトドア

春の太平洋がバッチリ

a0243432_2183274.jpg

今日は足慣らしを兼ねて御浜町の浅間山に行ってきました。浅間山は「あさまやま」ではなくて「せんげんやま」と呼びます。(地元の方は「せんげやま」と呼んでいるそうですが。)
この山は標高210mで、大変なだらかな山ですが太平洋に近いので眺望のすばらしい山です。8年ほど前に登ったきりでしたので、桜の花見を兼ねて軽いトレーニングをしてきました。今回は市木稲荷さんから登りましたが、約30分で頂上に到着しました。登山口の看板を見ていて「30分弱で登れるから軽いもんだな」と思っていましたが、最初からすごい傾斜で息を切らしてしまいました。
a0243432_21502664.jpg

15分ほど急傾斜地を登ると「富士浅間山遙拝所」なる石碑に出くわしました。「ここから富士山が見えるんかな?」と不思議に思いながら、一応柏手を打ってお参りしてきました。
a0243432_2152871.jpg

遙拝所から15分ほどなだらかな尾根筋を登り切ると、三角点が現れ、そこが浅間山の頂上でした。
a0243432_21542639.jpg

頂上からは全く眺望がきかないので、写真を撮って太平洋に向かって下りはじめました。下り初めてしばらくすると、登山道の両側にウバメガシが沢山立ち並ぶ素敵な場所にたどり着きました。思わず「この山を買って備長炭でも焼こうかな・・」と思いましたが、シチーボーイで柔らかな手をした私にそんな厳しい仕事ができるはずのないことに気づき、先を急ぎました。突然目の前に「危険中に入るな!」という、おどろおどろしい看板が出現しました。「なんじゃろかいにゃー?」と思わず熊野山間部のネイティブ弁が飛び出しましたが、すぐ横を見るとなんと「防空壕跡」と書いてあるではないですか!「防空壕?なんでこんな高いところに防空壕が?こんな高いところに作ったら逆に艦載機にねらい打ちにされるんと違うかな?津波避難所の間違いじゃなかとネ?」と独り言を言いながら一応撮影しました。
a0243432_225168.jpg

防空壕なる時代を超越したアナボコを通過してしばらくすると突然眺望が開けて、見事な青空と見事な太平洋、そして見事な七里御浜が目の前に現れました。「これですよ、これ。今日はこの眺望を楽しみに来たんだよ」と、iphoneのパノラマビューを起動して撮影しました。
もう一度見るかな?今度は新宮方面ですよ。
a0243432_22131099.jpg

ここで満を持して「サーモスの山専マホービン」でコーヒー作って味わいながら、大蛇峰や保色山を観察して眺望を楽しみました。
「サーモスの山専マホービン」ってなんじゃろか?それは「保温性能を極限にまで高めた真空断熱ステンレスボトル」のことなんですね。冬山でカップ麺が食べることができるそうなんですが、熱湯を入れてから10時間以上経過すると・・どうなんでしょうかね?
そうこうするうちに登山口に戻り、見事な桜をカメラにおさめました。
a0243432_22241475.jpg

太平洋の眺望も桜も良かったですが、途中ワラビを発見し採取してきました。これが最高の収穫かな?
a0243432_822828.jpg

[PR]
by kumanons | 2012-04-06 22:26 | アウトドア

春の野山の観察会を開催いたします

a0243432_22561938.jpg

春の野山の観察会◇を開催いたします

          主催:熊野自然学校・小又めだか会・たんぼアート

野山を散歩していると、枯れ草のすき間から緑の若芽が遠慮がちに春の訪れを告げてくれているのを感じます。熊野自然学校では熊野市飛鳥町の「小又めだか会」との共催で、子ども達にさまざまな自然を体験していただこうと、『春の野山の植物観察会』を開催いたします。飛鳥町小又地区の野山を散策しながら春の草花や小さな生き物などをルーペで観察しましょう。観察終了後は野草の天ぷらや野草パスタを食べて、春を満喫していただこうという企画です。ご家族やお友達をお誘いいただき、春のイベントにご参加ください。 
■主催  熊野自然学校・小又めだかの会・たんぼアート
■期日   4月21日(土)午前9時~13時 (雨天の場合4月22日(日)に延期いたします)
■場所  熊野市飛鳥町小又地区のフィールド(集合場所は飛鳥町小又「めだかの学校」です【裏面の地図参照】) 
■内容・日程 
 受付    8:45~
①開会式   9:00~ 9:10
②学習    9:10~ 9:30
◇代表的な春の草花を覚えよう
③観察    9:30~11:00
◇野山の植物や生物を観察しよう

④アウトドアクッキング 11:30~12:30 
◇野草を天ぷら等にして味わってみましょう。美味しい野草パスタも準備しています。
⑤閉会式  12:45~13:00

■持ち物  筆記用具、はし、マイカップ【紙コップは極力使用いたしませんので、各自でコップ(マイカップ)を持参してください。】
■参加対象 子ども(小学生以上)および親子 30名 ※低学年は保護者同伴(大人だけでも可)
■参加費  500円(食材費と傷害保険料) 
■応募方法 直接熊野自然学校まで電話・FAX・E-mailでお申し込みください.
電話・FAX 0597-84-0465 携帯 090-7313-6262  E-mail kumano@ztv.ne.jp
■その他 活動の実施に際しては、安全確保に最大限の努力を致しますが、不慮の災害や事故をすべて回避できるとは限りません。けがや事故が発生した場合応急処置を行いますが、その補償につきましては、加入する傷害保険の範囲内で行いますのでご了承ください。
[PR]
by kumanons | 2012-04-01 22:57 | アウトドア