自然豊かな熊野の自然体験を紹介します


by drk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
昔のお話し
アウトドア
熊野の歳時記
アウトドア
自然
未分類

以前の記事

2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

最新の記事

四国
at 2015-11-29 23:12
初冠雪
at 2015-10-13 22:07
トレッキング
at 2015-10-05 07:20
素晴らしい熊野
at 2015-09-24 20:10
ばったりんピック
at 2015-09-24 20:07

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

中部
アウトドア

画像一覧

<   2012年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

苦闘の神童子谷 完結版

a0243432_20504772.jpg

釜滝を右岸から高巻きして上からのぞくと、洞穴かと思った右側の滝がこのように確認できました。
釜滝を高巻きして谷に降りたところに右からノウナシ谷が合流。やっと、この場所でチキンラーメンにありつくことができました。でも、ここは本当に素晴らしい場所でした。
a0243432_20555579.jpg

腹ごしらえをして出発すると、二の滝、一の滝と10m前後の滝が連続します。この辺で少し疲れが出てきました。「小西さん、今日はこの辺で帰ろうか」という師匠のお言葉が聞けるのではと期待しましたが、あきませんでした。
a0243432_212597.jpg

それどころか「今、一時間遅れやな・・」という冷たいお言葉が・・・・ 
それでも頑張って進んでいると、前方に結構立派な滝が現れました。どうやら、犬取滝のようです。
右岸からかなり高く巻きました。およそ30分ほど巻いたでしょうか?ここでかなり体力を消耗。次第に足が上がらなくなりました。ここまで来てしまうと、もう戻れません。突撃・いや玉砕かも・・・
a0243432_20583981.jpg

前方にまたまた二段の高い滝が出現。ジョレンの滝です。水量は大したことはありませんが、二段合わせて100m近い滝です。巻くしかありません。急な斜面を木の根っこを頼りによじ登り、テープを頼りにひたすら前進。日本帝国陸軍の万歳突撃が頭によぎりました。
a0243432_2114393.jpg

やっとジョレンの滝を高巻きし、小さな滝をどんどん登って行くと尾根に出そうな雰囲気となってきました。
でも、チキンラーメンだけで腹が減っていたので、トリカブトを思わず食ってしまうところでした。
a0243432_21173399.jpg

16時15分、やっと稜線にでました。左に進むと目的の稲村小屋に到着しました。5時間の予定がなんと7時間かかってしまいました。ここで、沢靴を地下足袋に履き替え、どんどん下山。途中暗くなりヘッデンを装着してひたすら歩きました。師匠は後ろを見ない意でドンドン下っていきますが、私は地下足袋なのでとがった石が痛くて、なかなか速く歩けません。100mも離されて、真っ暗な林のなか一人きりで下山。1時間30分で洞川の集落に着きました。着くには着きましたが、タクシーを呼んで車の場所まで行こうとしたのですが、タクシーどころか人の気配もありません。犬にも狸にも出会いません。30分ほど歩いてやっとラーメン屋さんに飛び込み、事情を話してタクシーを呼んでいただきました。ラーメン屋さんもタクシーの運転手さんも優しかったです。山の中まで送ってくれました。洞川の人はいい人でした。
てなことで、9時間30分の苦闘の神童子谷遡行が終了いたしました。
体の芯から疲れ、その後1週間ほど疲れが抜けませんでしたが。素晴らしい神童子谷の渓谷美にまた行きたいなと思いました。ホンマかいな?師匠ありがとうございました。
追伸:翌日は熊の出現におびえながら、早朝から国有林の立木調査。ガビーン!昔「八甲田山」という映画で北大路 欣也さんが「天は我を見捨てたか~!」と叫んで雪の中に倒れたシーンを思い出しました。ちょっとおおげさかな?
[PR]
by kumanons | 2012-10-31 21:30 | アウトドア

今日はこれだけでゴメン

a0243432_21185682.jpg

すみません、明日早朝に御在所岳に走りますので、1枚だけでゴメンナサイ
[PR]
by kumanons | 2012-10-25 21:20 | アウトドア

神童子谷

a0243432_18242565.jpg

赤鍋の滝に到着しました。3m程度の滑らか滝と大きな滝つぼを持つ気持ちの良い場所でした。
ここは結構深い滝つぼで、両岸をヘツルのもドボンとなりそうなので左岸をまいて滝の上に出ました。
降りるときには、前回教えていただいた懸垂下降しましたが、エイト環にザイルを通す方法を忘れてしまっており、お叱りを受けました。降りるとき、ちょっと緊張しました。
a0243432_20105050.jpg

赤鍋の滝を超えると谷幅も広くなり、ゆったりとした気分で遡行することができました。
a0243432_20121570.jpg

しばらく進むと、屋敷跡のような大きな石垣が見えてきました。まさかこんな奥深い所に家を建てる人もいないだろうと思い、近づいてみると水車が設置されていたようです。ということは線香車だったのでしょうかね?
線香車(せんこうぐるま)とは、杉柴を集めて水車で粉にして線香の原料を作る工場のことです。
a0243432_20202642.jpg

今度は前方から大きな水音が響いてきました。何じゃろかいな?と思いながら進むと素晴らしい滝に出会いました。有名な釜滝です。エメラルドグリーンの滝つぼの向こうには2条の滝となって豪快に水がほとばしっていました。しかも左岸は直径3mくらいの大きな穴の中を通って滝が落ちているのです。
a0243432_202727.jpg

師匠のMさんも釜滝には喜んでいました。
a0243432_20282759.jpg

わても釜滝の素晴らしさにボー然としてしまいました。
a0243432_20303121.jpg

滝の迫力、深緑の滝つぼ、彩りをそえる黄色い落ち葉 素晴らしいですね。撮影もネ
さて、ここは右岸を高巻きして谷に下りると、右からノウナシ谷が合流。広い草地もあるので
結構、幕営の様子が見られました。 ここでようやく師匠から昼メシの許可が下りたので、バーナーでチキンラーメンを作ろうとしたのですが、バーナーの調子が悪く、なんと赤い炎と黒煙がでてしまい、かなり焦りました。
さて、ここからが苦闘のはじまり・・・・乞うご期待次号を
[PR]
by kumanons | 2012-10-24 20:43 | アウトドア

苦闘の神童子谷 その①

a0243432_19504343.jpg

「えらかった~!神童子谷」。 熊野の山間部では「疲れた」ということを「えらかった」と言いますが
神童子谷の遡行はホンマにエラカッタ~!
以前から沢登りの達人Mさんに「前鬼の次は神童子ね!」とお願いしていましたが、10月8日にやっと実現しました。神童子谷(じんどうじだに)という、いかめしい名前の沢は、紅葉で有名な天川村の御手洗渓谷に近く、川迫川(こうせいがわ)の支流で、沢を詰めると稲村岳や行者還岳に至る素晴らしい渓谷です。
a0243432_19562160.jpg

林道終点に車を止め、入渓の準備です。今回はヘルメット、ライフジャケット、ハーネスを装着しての重装備です。
a0243432_2041655.jpg

林道の終点からは壊れた作業道をたどります。
a0243432_20634.jpg

作業道を降りて入渓すると、早速このように透きとおった流れに出会います。
a0243432_2084484.jpg

ヘッツイサンという奇妙な名前の、両側の岸が切り立ったゴルジュ帯を通過します。浅く見えますが、胸までつかりながら右岸のへりを伝って通過しました。私は7mしか泳げないのにMさんはさっさと行ってしまい、あせりました。
a0243432_20132265.jpg

いかがですか、この透明度。すばらしいでしょう?
a0243432_20185078.jpg

ヘッツイサンを通過すると赤鍋の滝が現れます。ここもいい滝です。ここまでは苦労もなく通過しました。
しかし・・・
[PR]
by kumanons | 2012-10-23 20:22 | アウトドア

倶留尊山Ⅱ

a0243432_20141413.jpg

二本ボソにはたくさんの登山者が眺望を楽しんでいました。それにしても「二本ボソ」とは随分変わった
名前だな~?と思っていましたが、かってこの頂には二本のナラの木が生えていたそうです。ナラの木のことを別名「ホソ」または「ホウソ」と言いますので、この頂を「二本ボソ」と称したようです。
a0243432_20191673.jpg

とにかく「二本ボソ」からの眺望は素晴らしく、遠くに高見山らしき鋭鋒が見えました。・・・でも、いま地図で確認すると、この方角には高見山はありえないことがわかりました。では、なんという山なんでしょうね?
いろいろ調べた結果、伊賀富士・尼ケ岳ではないかと思われます。・・・と思ったら、「伊勢の槍ヶ岳」と呼ばれている局ヶ岳だということでした。
a0243432_20331095.jpg

てなことで、あまりの眺望の良さに驚き、例によって例のポーズをとってしまいました。
a0243432_2037197.jpg

二本ボソからいったん下り、20分ほどで倶留尊山の頂上に着しました。この日は奈良に入ってからコンビニで弁当を買おうということで、カップめんとコーヒーしか食料を持っていませんでした。ところが、曽爾高原の近くにはコンビニや食料品店がなく、かろうじて酒屋さんを見つけて菓子パンを買った次第でした。ということで、頂上での昼食は、カップめんとアンパンとコーヒーという、かなりけったいなものとなりました。
a0243432_20471537.jpg

下山後は大宇陀の古い街並みを見学してきました。大きな作り酒屋や薬屋さんがたくさんあって、素敵な歴史街道でした。ン?変なオッサンが奇妙な運動をしていますね。
a0243432_20523955.jpg

a0243432_20534863.jpg

この日はダリアの花を路地の石畳に敷きつめるイベントが行われていました。ちなみに奈良県はダリアの栽培が二本ボソ・・イエ 日本一だということです。
[PR]
by kumanons | 2012-10-21 20:55 | アウトドア

絶景かな倶留尊山

a0243432_2237644.jpg

今日は奈良県と三重県境にそびえる曽爾高原倶留尊山に登ってきました。11月に倶留尊山トレッキングを実施するための下見をおこなったわけですが、日曜日だったこともあり、すごい人出になりました。
6時に熊野市飛鳥町を出発し、約3時間で曽爾高原駐車場に到着しましたが、曽爾の村に入ると室生火山群の迫力ある鎧岳が私たちを迎えてくれました。
a0243432_22404315.jpg

柱状節理の大岸壁が圧倒的な迫力で迫ってきます。
a0243432_2246879.jpg

駐車場からお亀池の脇を通り、亀山峠を目指しました。ススキはもう少し早かったようです。
9時半ころから登り始めましたが、池の周りはすでに沢山の人で賑わっていました。
a0243432_2250960.jpg

今日のススキはこの程度でした。
a0243432_22511141.jpg

今日は天気に恵まれ、二本ボソ手前からの眺めは最高でした
a0243432_2253014.jpg

二本ボソ手前に「関所」があり500円の入山料が必要なので驚きました。まあ私有地ですので仕方がないですね。でも二本ボソから倶留尊山までの眺望は500円でも安いくらいの素晴らしさでした。
a0243432_22595888.jpg

特に素晴らしかったのが、二本ボソから室生火山群に囲まれた曽爾の村の眺めでした。写真ではなかなかその素晴らしさを表現できませんが、まるでグリンデルワルトの村のような眺めでした。(ヨーロッパアルプスには行ったことがありませんが・・・)
[PR]
by kumanons | 2012-10-20 23:02 | アウトドア

吉野川の大蛇行でした

a0243432_21594423.jpg

ここは、奈良県吉野郡吉野町窪垣内(くぼがいと)地区です。桜で有名な吉野町の中心地からから国道370号線を大宇陀に向かって走り、窪垣内地区の信号を左折した坂道からこの蛇行風景を見ることができます。
川の名前は吉野川です。
a0243432_22131046.jpg

窪垣内から県道16号線(旧伊勢街道)を通り、国道166号線で高見峠を越えると松阪に至ります。
このように紀伊半島の北山川などでは蛇行地形を沢山見ることができます。日本蛇行研究会を作っちゃおうかな?と思い始めたこの頃です。
[PR]
by kumanons | 2012-10-18 22:20 | アウトドア

蛇行地形の航空写真発見!

a0243432_2149941.jpg

北山川の大蛇行地形の航空写真を発見しました。この航空写真は1966年に撮影した物ですので
今から46年前の写真ですね。このときには紀和町と和歌山県熊野川町をつなぐ瀞大橋はまだ
建設されておりません。(1977年に架橋されています)
ところで、驚きの発見をしました。現在の航空写真と比較してみるとわかりますが・・・・・?
a0243432_2272318.jpg

それは、木津呂地区の山頂部分が開墾されており、畑や人家があるのです。もうちょっと拡大してみましょうか。
a0243432_22121335.jpg

現在は山頂の畑に植林されたのでしょう。畑の痕跡が全く有りませんね。
a0243432_22135390.jpg

これは、1976年に撮影された航空写真です。今から36年前にも畑があったんですね。
a0243432_22182441.jpg

さて、ここはどこでしょう?わかった人はすごい!解答は次回をお楽しみに。
[PR]
by kumanons | 2012-10-17 22:20 | アウトドア

熊野の秋の空

熊野の空も日に日に秋に近づいてきました。
a0243432_838102.jpg

一瞬ですが夕焼け空も素晴らしいですよ。
a0243432_8381043.jpg

毎日空を見るのが楽しみとなってまいりました。
a0243432_8381119.jpg

[PR]
by kumanons | 2012-10-16 08:34 | アウトドア