自然豊かな熊野の自然体験を紹介します


by drk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
昔のお話し
アウトドア
熊野の歳時記
アウトドア
自然
未分類

以前の記事

2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

最新の記事

四国
at 2015-11-29 23:12
初冠雪
at 2015-10-13 22:07
トレッキング
at 2015-10-05 07:20
素晴らしい熊野
at 2015-09-24 20:10
ばったりんピック
at 2015-09-24 20:07

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

中部
アウトドア

画像一覧

<   2012年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

奥熊野の秀峰「三角点」に再び

a0243432_1951586.jpg

奥熊野の五郷町と神川町の境界に重厚な山が鎮座している。標高は709mと、それほど高くはないのだが
五郷町の人々にとっては忘れることのできない想い出の山なのである。
a0243432_19555518.jpg

それは昭和30年代、五郷町の子どもたちは山や川を遊び場として駆け廻っていた。
当時の子どもたちはバスに乗って市街地に出かけることなどほとんどなかったので「三角点に登れば海が見える」ということで、あこがれの山であった。
頂上に至る道は誰も知らなかった。しかし、父や母に「鬼窪から左に行って云々・・」と簡単な説明を聞いただけで、頂上を目指したのである。
a0243432_2041627.jpg

頂上の近くには驚くような杉の巨木があった。そして、本当に海が見えた。しかも真っ白な船も浮かんでいるではないか。「海や~海が見えるぞ~」「船も見える 動いとるゾ」「ドエライニャア~」と大興奮。
a0243432_2092847.jpg

山頂には大きな石があった。子どもたちは石に登頂記念の文字を刻んだ。日付と自分の名前だけを刻む者、中には好きな女の子の名前を刻んだ者もいた。
今回、丁寧に石の上の落ち葉や土を取り除いたが、文字の痕跡は発見できたが、文字を判別することができなかった。
a0243432_20145010.jpg

私たちは三角点の標柱を確認し、子どもの頃を思い浮かべながら山道を急いだ。下山して弁当箱を開けるとモクモクと白い煙が噴き出してきて、私たちはあっという間にお爺さんになってしまった。
[PR]
by kumanons | 2012-11-29 20:22 | アウトドア

絶景の山頂 長尾山

a0243432_22195636.jpg

熊野市街地と山間部の育生町を結ぶ県道のそばに、ひときわ重厚な山があります。
その山の名は長尾山と言い、頂上には各種のアンテナが林立していますので、
海岸部からもはっきりと確認することができます。
この山に登ると、眼下に七里御浜や熊野灘を見ることができる熊野市の絶景ポイントです。
冬になるとこのような大雲海が発生し、山間部に発生した霧が山を越えて海岸部になだれ落ちてきます。
a0243432_2228472.jpg

夕暮れには見事な夕焼けを見ることも出きます。
a0243432_2229165.jpg

山頂直下まで車で行けますので、一度足をのばしてみてください。
a0243432_22321478.jpg

[PR]
by kumanons | 2012-11-28 22:33 | アウトドア

ふたたび北山川の大蛇行だよ

a0243432_21473790.jpg

ふたたび北山川の大蛇行地形を観察しに行ってまいりました。
a0243432_21514490.jpg

今回は熊野自然学校のスタッフ研修として6名が参加しました。途中の山道は結構険しい所が多いので、北山川に転落しないように気をつけながら進みました。
a0243432_2155015.jpg

尾根道の樹間からは紀和町の集落や丸山千枚田を望むことができました。
a0243432_21574234.jpg

指をさしている女性は紀和町出身なので「ハイ右向いて、あれはツエノ峰。こっちは一族山ヨ!よそ見しちゃだめって言ってるじゃないの松阪支部長!」と大変厳しくご指導を受けました。
a0243432_2225100.jpg

麓を出発して、約1時間30分で大観望に到着。参加のスタッフからは、自然の作りだした驚きの地形に感嘆の声が・・・・
a0243432_2261811.jpg

この日は秋の3連休。しかも紅葉が真っ盛りとあって、瀞峡巡りのジェット船がたくさん行き交っていました。
a0243432_2291136.jpg

a0243432_2293170.jpg

やっぱり最後はコレで締めくくりました。
a0243432_22102187.jpg

沼津から420km走ってきたんだから、おまけにもう一枚!こんなことして奥さんにしかられそう?
a0243432_22115921.jpg

帰りはショットカットして下山。一番左の女性の表情をご覧ください。放心状態ですね。お疲れなのかな?それとも感動しちゃったのかな?
[PR]
by kumanons | 2012-11-27 22:15 | アウトドア

大蛇峰山中彷徨 天は我を見捨てたか~!&どぶろく祭り

a0243432_11332843.jpg

11月23日(金) 熊野市飛鳥町より大蛇峰(おおじゃみね)に楽をして登っちゃおうと思ったのが大間違い。
1時間ほどで頂上に到着できるはずでしたが、甘い判断でした。
a0243432_11362212.jpg

国道42号より県道を経て林道の詰めから、登り始めました。地図もバッチリ、iphoneアプリのGPSを持参。
それに以前にも登ったことがあるので軽く考えていました。(以前と言っても35年ほど前ですが・・・・)
a0243432_11401010.jpg

沢に沿って登り始めましたが、最初は道もはっきりとしており、ところどころにテープもあり、順調に高度を稼いでいきました。
a0243432_11421153.jpg

この頃は余裕の表情でしたよ・・・。ところが突然、前方に鹿の食害防止のネットが出現し、山道が全く分からなくなりました。防止ネットをくぐって進みましたが、まったく手入れされていない杉林の中でしたので、前進不可能な状況となりました。GPSと地形図で位置を把握すると、予定と違う沢に入り込んだことが判明しましたので、移動して山頂を目指しましたが、時間切れのため残念ながら登頂を諦め下山しました。
a0243432_1255114.jpg

霧の中、震えながらご飯を食べた一行は、育生町大森神社で「どぶろく祭り」があることを思い出し、
そちらに移動しました。
a0243432_131447.jpg

飛鳥町から車で40分ほど移動しましたが、こんなのどかな村のどこでドブロク祭りがあるのかな~?と思いながら車を進めると
a0243432_12575655.jpg

突然このような看板が出現  ホンマや「どぶろく祭り」や・・・ 狭い山道に車を停め、会場に到着すると、
いっぱいの人が集まって、どぶろくを飲みながらカラオケを楽しんでいました。
a0243432_137312.jpg

さっそく500円でこのようなカップを購入。このカップがあればどぶろくが飲み放題ということでしたので
運転手を雇うことにして、早速有名な「どぶろく」を頂きました。なかなかの味です。
a0243432_13103895.jpg

2杯目を頂こうかなと思っていると、会場の中央に大きな櫓が組まれ、店じまいの準備が始まりました。
「ソゲナ馬鹿な~ まだ1杯しか飲んでない!」 冷たく「もうドブロクは終わったわヨ!」と突き放されましたが
粘り強く交渉し、なんとか2杯目を確保しました。
すると、大勢の皆さんが櫓の周りに集結し、櫓上の叔父さん方に向かって大きな声で「コッチニホッテヨ~!」
彼方此方から「たかし~ コッチヤド ええな~コッチニホッテコイヨ!」と叫んでいます。
a0243432_13392958.jpg

すると櫓上の叔父さんが方が沢山のモチをばらまき始めました。もう会場の人々は興奮のるつぼです。
まるで、中国の暴動を見ているような感じでした。
a0243432_17464195.jpg

一心不乱にモチを拾っています。「コラ~ ソリャア俺の餅ジョ~!」
a0243432_1341354.jpg

遠く新宮市から参加された一見おしとやかな女性もこのような状況です。
a0243432_1343093.jpg

育生町は普段は静かな山村ですが、この日だけは渋谷に変身したような感じでした。
[PR]
by kumanons | 2012-11-26 13:49 | アウトドア

風伝おろし

a0243432_1812525.jpg

御浜町尾呂市(おろし)地区と紀和町の境に風伝峠があり、二つの町は険しい岩峰で遮られています。
秋から冬にかけて紀和町に発生した夜霧が風伝峠を越えて下ってきます。
このことを「風伝おろし」呼んでいます。
a0243432_1818502.jpg

風伝おろしの観察スポットは、国道311号線の風伝トンネル少し手前に「さぎり茶屋」という
ミニ道の駅がありますが、そこです。「さぎり茶屋」にはライブカメラがありますので
朝7時から8時にかけて下記のURLをクリックしてもらえれば、「風伝おろし」が発生しているか
否か確認できますよ。
http://kumadoco.net/camera/index.html
[PR]
by kumanons | 2012-11-19 18:41 | アウトドア

奥熊野の大岸壁

a0243432_2302149.jpg

熊野市育生町に大丹倉(おおにぐら)という名の大岸壁があります
岸壁の高さは約300m。岩石の成分の鉄分の影響で赤く見えます。
a0243432_2385832.jpg

大丹倉頂上 霧にかすんでいますね
a0243432_22515286.jpg

こちらは大丹倉のすぐ近くの表倉(おもてぐら)です。育生町の粉所(こどころ)地区から見上げると迫力があります。
a0243432_2351177.jpg

表倉から育生町を俯瞰しました。このように熊野は、素晴らしい自然がいっぱい!これから熊野の自然を紹介して参りたいと思います。お楽しみに。
[PR]
by kumanons | 2012-11-14 23:11 | アウトドア

こんな看板覚えていますか?

a0243432_2241061.jpg

あなたはこの看板を見たことがありますか?キンチョウ(大日本除蟲菊)が昭和50年に発売した、虫除け用の薬ですね。今のようなスプレー式の防虫薬でなく、ポンプ式なので、ポンプを押すとピュピュッと液が飛び出てくる方式ですね。
a0243432_22102853.jpg

スカイローションの発売は昭和50年(1975年)ですから、今から37年前ですね。私がまだ大学生の頃です。
a0243432_2216162.jpg

確か子どもの頃は上の写真のような噴霧式のキンチョウルでしたね。タンクの形は円筒形だったですが。
ところで、このスカイローションの看板ですが和歌山県北山村七色地区の民家の壁にはっています。確か熊野市金山町にも有ったような気がしますが。北山村と金山町ではまだスカイローションの在庫があるのでしょうか?
[PR]
by kumanons | 2012-11-13 22:24 | アウトドア

大又川の紅葉

a0243432_12182832.jpg

熊野市の山間部を流れる大又川の紅葉が見頃となっています。
a0243432_12183316.jpg

[PR]
by kumanons | 2012-11-13 12:16

ふたたび倶留尊山に

a0243432_22344289.jpg

昨日(11月4日)三重県と奈良県の県境にそびえる倶留尊山を再訪しました。
昨日も素晴らしい天気にめぐまれ、ゆったりとした気分で紅葉の山旅を楽しみました。
a0243432_2239377.jpg

a0243432_2239548.jpg

麓の曽爾高原はススキの穂が風に揺れていました。
a0243432_22581827.jpg

倶留尊山は私有地なので入山料が必要ですが、もし知らなくて財布を車に置いてきたら
取りに戻らなきゃいけないのかな?だろうね。駐車場にもその旨書いてあったかな?
a0243432_22574853.jpg

二本ボソからの眺望は最高です。左は伊賀富士「尼ヶ岳」右は「大洞山」ですね
a0243432_233734.jpg

この日は高見山もくっきりと見えました。遠くには、稲村ヶ岳や八経ヶ岳も望むことができました。
a0243432_22562165.jpg

2時間弱で倶留尊山の頂上着。頂上から二本ボソの眺めもなかなかですよ
a0243432_2361769.jpg

a0243432_2362282.jpg

前回は弁当に苦労しましたので、熊野市のコンビニで調達しましたが、おにぎりが一個も
なく、仕方なくサンドイッチにしましたが・・・・
優れモノのジェットボイルでカップめんをスープ代わりにしてサンドイッチを食べる羽目に。
でも、食後のコーヒーはおいしかったであります
[PR]
by kumanons | 2012-11-05 23:12 | アウトドア

田舎のお祭り

a0243432_14122133.jpg

今日は文化の日 熊野のお宮さんでは、お祭りが行われています。浦安の舞が奉納されているのは熊野市五郷町の飛鳥神社です。
a0243432_14222087.jpg

熊野でお祭りとくれば、必ず餅まきが行われます。熊野では「餅ほり」と言います。すごく賑わい、餅拾いのプロのような人もいて、熊野中の餅ほりの日程を熟知しているそうです。
a0243432_14221935.jpg


a0243432_14122217.jpg

私たちが子どもの頃は沢山のお店が立ち並び、学校も気を利かせてくれたようで、出席だけ取って、放課にしてくれました。今のように「授業時数の確保」なんて細かい事を言わないよき時代でした。
a0243432_14222175.jpg

こちらは隣の飛鳥町の飛鳥神社に向かう割り箸神輿です。
[PR]
by kumanons | 2012-11-03 13:59 | アウトドア