自然豊かな熊野の自然体験を紹介します


by drk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
昔のお話し
アウトドア
熊野の歳時記
アウトドア
自然
未分類

以前の記事

2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

フォロー中のブログ

最新のコメント

parnassius-..
by kumanons at 22:07
おはようございます。良い..
by parnassius-glacia at 06:10
こんにちわ。 三重県に..
by さらパパ at 09:49
関電の元巡視路と天川辻越..
by 尾鷲の登山者 at 16:43
さらパパさん ありがと..
by kumanons at 15:23
こんばんはー。 鳥取の..
by さらパパ at 21:43
ぶっしゅかんに似てるー
by 48 at 17:27
そろそろ??の時期ですね..
by 48 at 06:37
ハチノスタケでは?
by 市役所工事 at 06:43
楽しそうですね(*^^*)
by 48 at 21:01

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

最新の記事

四国
at 2015-11-29 23:12
初冠雪
at 2015-10-13 22:07
トレッキング
at 2015-10-05 07:20
素晴らしい熊野
at 2015-09-24 20:10
ばったりんピック
at 2015-09-24 20:07

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

中部
アウトドア

画像一覧

<   2012年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

来年もよろしくお願いいたします

a0243432_21274983.jpg

少し早いですが、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。
この画像は尾鷲市の海岸からの日の出の様子です。大海原からの日の出は最高ですよ。
a0243432_2130264.jpg

今度はツエノ峰からの大雲海を撮影して皆さんにお見せしたいですね。
[PR]
by kumanons | 2012-12-31 21:32 | アウトドア

観音峰登頂

a0243432_232926.jpg

今日は天川村から観音峰に登ってきました。積雪を期待していましたが、残念ながら昨夜の雨ですっかり溶けてしまっていました。でも、稲村ヶ岳やバリゴヤの頭、そして弥山、八経ヶ岳など大峰山脈の眺望がバッチリでした。
a0243432_2331687.jpg

左の鋭鋒は大日山、右のギザギザは稲村ですね。女人大峰だね。
a0243432_2341839.jpg

この迫力ある山は「バリゴヤの頭」 神童子川周辺の山や谷は変わった名前が多いですね。
a0243432_2385993.jpg

今日は久しぶりの雪山ということでストリームジャケットを着込んで気合十分でしたが、タンクトップ一枚でも登れた感じの暖かい一日でした。
[PR]
by kumanons | 2012-12-29 23:10 | アウトドア

オニクボに行ってきました

a0243432_1813097.jpg

中学3年生の時以来だとすると46年ぶりかな?私が子どもの頃よく遊びに行ったオニクボに行ってきました。
「オニクボ」とはなんて恐ろしい感じのする場所のような気がしますが、なんのことはない直径100m程度の窪地のことを、熊野市五郷町の人々はけったいな名前で呼んでいました。
a0243432_185038.jpg

集落から30分くらいでしょうか、裏山の木馬道(モクバではなくキンマミチと呼びます)を登っていくと「オニクボ」に到着しました。子どもの頃は直径300メートルくらいある窪地と思っていましたが、久しぶりに行ってみると、100mくらいしかありませんでした。「あれは夢か幻か?」ですね。
ところで、今日は下りがめっぽう強いのですが、登りはさっぱりの高齢の兄が一緒でしたので、エスクードで行くことにしました。けっこう厳しい登り坂でしたね。
a0243432_18351481.jpg

窪地から右に行くとホタルで有名な「大井谷」(オオイダニ五郷の人はオイダニと呼んでいました)、左に行くと「柳谷」の集落に行くことができます。そうそう鋭鋒「三角点」にも行くことができましたよ。
a0243432_18385160.jpg

どうして「オニクボ」と呼んだのかと言いますと、八墓村のような悲惨な出来事があったわけではありません。
古老が『鬼が尻もちをついてしまい、このような大きな窪地が出きた』と言っておりました。(古老と言っても60歳くらいになった人は腰が曲がり、まさに古老といった感じでしたネ。ということは私も古老の仲間?)
a0243432_18441055.jpg

「オニクボ」からは新保色山がよく見えました。左の鋭鋒は「岩茸倉」、中の丸い山は「P903」、右は「新保色山」です。とりあえず、今日のところはこの辺で終わっちゃおうかな。「これにて一件落~着!」
a0243432_21494923.jpg

熊野自然学校の静岡支店長の鈴木さんから富士山の見事な画像が届きました。鈴木さんは沼津から「ヌマズ食わずで」いつも駆けつけてくれますです ハイ。
[PR]
by kumanons | 2012-12-23 18:48 | アウトドア

五郷十二滝

a0243432_18211535.jpg

今日は久しぶりに熊野市の山間部の五郷十二滝に行ってきました。
五郷十二滝は熊野市五郷町の北股川に大小12の滝が連続しています。
五郷町のサークルKから約5分ほど奈良に向かって国道169号を進むと、最初の釣りボート屋さんがあります。ここから右折して北股谷沿いの林道を約10分進むと、ガードレールの下に最上部の滝が見えてきます。
今日は時間がなかったので、3mの小さな滝を紹介します。
[PR]
by kumanons | 2012-12-20 18:20 | アウトドア

北山村でジオパーク研修会

a0243432_21315273.jpg

今日は和歌山県主催のジオパークフィールドワークに参加しました。今回は和歌山県北山村の七色峡を中心に、9時から5時までしっかりと勉強してきました。
a0243432_21361524.jpg

七色峡とは北山川の七色ダムの下流を指しますが、ごらんのように迫力有る素晴らしい渓谷です。七色ダムができるまでは、もっともっと素晴らしい渓谷だったんですが残念ですね。
a0243432_21384573.jpg

川の両岸はこのように地層がはっきりと観察することができます。
a0243432_21402185.jpg

左上の地層と右下の地層が異なっているのがよくわかりますね。
a0243432_21444532.jpg

右側と左側では全く違った地層であることがわかります。右側が日高層群で役7000万年前の地層、
左側が熊野層群で1700~1800万年前にできた地層です。このような地形を「不整合」と呼びます。
どうしてできたのかは、後日説明いたしましょう。
a0243432_21484178.jpg

これはサージライトと言って砂岩と泥岩が交互に重なった地層です。海溝付近で海底地滑りによりできた地形と言うことです。
a0243432_21503966.jpg

巻き貝や二枚貝の化石も発見されました。
a0243432_21524117.jpg

今回は北山村の村長さんや県庁や村の職員さんなど約30名が参加し、和歌山県のジオパーク登録に関する意欲が伺える研修会でした。
[PR]
by kumanons | 2012-12-17 21:54 | アウトドア

雪の釈迦ヶ岳遠望

a0243432_1836629.jpg

大峰山脈に雪の季節が到来しました。これは釈迦ヶ岳の画像ですが、熊野市の山間部の西谷を遡った国有林の頂上から撮影しました。左の槍ヶ岳のような黒い山は大日岳です。
a0243432_18414025.jpg

撮影した山の頂上からは北は釈迦ヶ岳から南は笠捨山まで見渡すことができました。
この台形の特徴ある山は笠捨山ですね。
a0243432_18444274.jpg

笠捨山を北上すると行仙岳。頂上には巨大な電波塔があります。遠くからでもしっかりと見えますね。
a0243432_1848541.jpg

大峰山脈の遠望です。今年は雪の釈迦ヶ岳に挑戦しようかな。
a0243432_1955459.jpg

ところで、今から24年前の写真が出てきました。何と11月の末にジャージとズック靴で釈迦ヶ岳に
登ろうとしている時の写真です。これは二ツ岩で夜明けを迎えようとしていますね。
a0243432_19593028.jpg

某中学校の生徒たちに誘いをかけて、前の晩に前鬼の林道終点にテントを張り、翌朝真っ暗なうちから出発した記憶があります。11月だから雪はないだろうと考えて釈迦ヶ岳の頂上まで登ろうとしたんですね。
途中からどんどんと雪が深くなり、太古の辻直下では腰までの雪をかきわけて登った記憶があります。
奥駆の稜線に出たとたんに猛烈な吹雪となり、岩陰に隠れてガチガチと歯を震わせながら、おにぎりを食べました。その時に「聖職の碑」という本のことを思い出した記憶があります。ということで、太古の辻から撤退を始め、転がるようにして前鬼まで下った記憶があります。なんとまあ馬鹿なことをしたもんだと思いますね。
[PR]
by kumanons | 2012-12-15 20:10 | アウトドア

大蛇峰登山路を確認しました

a0243432_16121327.jpg

先日、登山路の確認に失敗した大蛇峰に再度挑戦し、飛鳥町からの登山路を確認してきました。
a0243432_16153456.jpg

今回は前回の轍を踏まないように、「飛鳥の役の行者」と呼ばれている福村さんに同行をお願いしました。
さすがは福村さんです、的確なコース取りをおこない、無事頂上に立つことができました。
この画像は国道309号線沿いの原木市場付近から大蛇峰を撮影したものです。
a0243432_16211834.jpg

今回も国道42号「小阪小学校北」交差点から県道737号線(新鹿佐渡線)に入り、途中の大カーブから林道の詰めまで車で入りました。登山開始9時15分、途中少し間違ったりしましたが、沢筋を登りつめて峠を目指しました。峠には10時着、頂上には10時40分に到着しました。頂上からは飛鳥町の佐渡地区がよく見えました。そうそう、大峰山脈の笠捨山、釈迦ヶ岳、そして八経ヶ岳も遠くに見えました。もちろん天神丸山、大谷山、長尾山に先日登った三角点もバッチリと見ることができました。
a0243432_1631683.jpg

飛鳥の鋭鋒「新保色山」もよく見えました。新保色山(845m)は左手の山ですよ・・・山の会の皆さんが、よく右の丸い山(903.2m)を新保色山と間違えています。気を付けてくださいね。
a0243432_1638236.jpg

喜びの登頂記念です
a0243432_16391842.jpg

今日はすごい風が吹いており、太平洋も強風による波が高いようでした。
a0243432_1641249.jpg

頂上で変なものを発見しました。「これは何ジャロカイノウ?」「公衆電話ボックスと違うんかいノウ」「電話ボックスね、さすがは電電公社やノウ、山間部では繋がらないどこかの携帯電話会社とは違うノウ」「そうジャロカ?電話ボックスとチャウデ!登山届ボックスヤゾ!」「頂上で登山届を出す人おるジャロカ?」・・・・てなことで、30分ほど議論が続きましたが、まあご飯食べてから考えようということになりました。もちろんご飯を食べた後は奇妙な箱のことなどすっかり忘れてしまい、16日の衆議院選挙と日本の将来のことについて激論を交わしておりました。
a0243432_16483240.jpg

太平洋を眺めながら日本の将来について語り合う二人
大事なことを忘れるところでした。帰りは約1時間で下山できました。船石からの登頂もいいですが、飛鳥からだと「楽に大蛇峰に登れますよ!」
[PR]
by kumanons | 2012-12-04 16:55 | アウトドア

想い出の大普賢岳

a0243432_21272887.jpg

3年前の記録ですが、春の大普賢岳トレックの記録を紹介しましょう。ここはご存じ頂上直下の長い鉄梯子です。まるで槍ヶ岳のようですね。
a0243432_21311642.jpg

笙の窟ですね。日本岳の大岸壁の下部にこのように巨大な窟があり、大峰奥駆修行の開祖「役の行者」を祭っています。
a0243432_22175518.jpg

この方が役の行者さんかな?
a0243432_2134962.jpg

この大岸壁は修行で有名な山上ヶ岳の西の覗きと同じチャートという堅い岩石でできています。
チャートという岩石は、太平洋の海底で6000万年という長い時間をかけてできあがった100m程の極めて堅い岩なんだそうですが、6000万年で100mということは、60万年で1m。6000年で1cm。1000年で1.7mmという大変長い時間をかけて堆積した層なんですね。(そうなんですよ・・・)
まあ、このような難しいことは後日お話をしますが、大峰山脈にはチャートでできた大岸壁が沢山あるようですね。
a0243432_2213354.jpg

途中の稜線から見た和佐又山です。遠くに大台ヶ原ドライブウェイが見えますね。違うかな?
a0243432_224328.jpg

春の大峰は魅力的な花が沢山咲いています。代表的なシロヤシオです。
a0243432_2255593.jpg

ドウダンツツジですね
a0243432_2263757.jpg

鹿もよほどおなかがすいていたのでしょうね。鹿は下顎にしか門歯がないので、木の皮を食べるときは
下からすくうようにして皮をそぎ取るようです。
a0243432_22103991.jpg

これはケラの仲間でしょうか、派手につついていますね。
a0243432_22165382.jpg

頂上近くから見た小普賢岳です
a0243432_22115431.jpg

長い鉄梯子を登ると頂上に到着します。
a0243432_22131435.jpg

皆さんの笑顔がすてきですね。
a0243432_2215212.jpg

水太覗から見た大普賢岳の頂上です
[PR]
by kumanons | 2012-12-01 22:24 | アウトドア