自然豊かな熊野の自然体験を紹介します


by drk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ

全体
昔のお話し
アウトドア
熊野の歳時記
アウトドア
自然
未分類

以前の記事

2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

フォロー中のブログ

最新のコメント

parnassius-..
by kumanons at 22:07
おはようございます。良い..
by parnassius-glacia at 06:10
こんにちわ。 三重県に..
by さらパパ at 09:49
関電の元巡視路と天川辻越..
by 尾鷲の登山者 at 16:43
さらパパさん ありがと..
by kumanons at 15:23
こんばんはー。 鳥取の..
by さらパパ at 21:43
ぶっしゅかんに似てるー
by 48 at 17:27
そろそろ??の時期ですね..
by 48 at 06:37
ハチノスタケでは?
by 市役所工事 at 06:43
楽しそうですね(*^^*)
by 48 at 21:01

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

最新の記事

四国
at 2015-11-29 23:12
初冠雪
at 2015-10-13 22:07
トレッキング
at 2015-10-05 07:20
素晴らしい熊野
at 2015-09-24 20:10
ばったりんピック
at 2015-09-24 20:07

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

中部
アウトドア

画像一覧

<   2013年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

驚異の大蛇行観望ツアー

a0243432_2045854.jpg

東紀州ジオパーク登録準備会では下記の要領で、北山川大蛇行観察会を開催いたします。
紀伊山地を縫うが如く流れる北山川は大きく蛇行している部分が多い川ですが、特に紀和町
木津呂地区は驚きの蛇行地形となっております。
今回は、木津呂地区の対岸の新宮市熊野川町嶋津地区の山頂から大蛇行するパノラマを
観察いたします。
下山してからは「紀和町鉱山資料館」を見学し、様々な鉱石や石原産業紀州鉱業所の様子などを
学んでいきたいと思います。嶋津地区からの山頂までの登りは少しきついかもしれませんが
ゆっくりと歩けば問題の無いコースかと思います。
また、今回の研修会は、準備会会員以外の方でも参加可能となっておりますので、希望される方は
お早めにお申し込みください。

①開催日  3月17日(日)
②場 所  熊野市紀和町~新宮市熊野川町嶋津地区
③日 程
 ■9:00 集合(紀和町B&G体育館駐車
④参加対象  
 急な登山路ですので、連続して3時間程度の登山が可能な方を
 対象といたします。連続して3時間程度の登山が可能な方を対象といたします。

⑤募集定員  25名〈先着順〉

⑥申込先   東紀州ジオパーク準備会事務局(小西宛)
 
◆ TEL/FAX  0597-84-0465  〈携帯〉090-7313-6262
◆ E-mail kumano@ztv.ne.jp

⑦参加費  傷害保険、ガイド費用  総額 1,200円となります。
                  
⑧準備物  ・弁当  ・飲み物  ・筆記具
【その他】  
*事故発生時の責任について
 この企画は、参加者の自己責任において任意で参加していただく企画です。行程中の
 怪我や事故が発生した場合には加入する傷害保険の範囲内で対処し、責任を主催者に
 求めることは出来ないことに同意の上ご参加ください。

【東紀州ジオパーク準備会とは】
東紀州地域の特異な地層や岩石などの地形を保護するとともに、観光や地域振興に
活用する「日本ジオ・パーク」の登録を目指している任意の団体です。
[PR]
by kumanons | 2013-02-27 20:49 | アウトドア

太平洋を一望 浅間山に登ろう!

a0243432_20403163.jpg

熊野自然学校では、2013年度 プレ講座として太平洋を一望する「浅間山トレーニング山行」を
計画いたしました。浅間山は標高210mながら、尾根道からの眺望は眼下に太平洋を望ことが
でき、素晴らしいものがあります。
また、頂上からの下山ルートはウバメガシが密生しており、素敵なトレイルとなっております。
熊野自然学校では2013年度も様々な事業を計画していますが、足慣らしの意味をこめて、
このトレーニング山行を計画いたしました。お友達をお誘いのうえご参加いただきますよう
ご案内いたします。

◇日時  平成23年3月16日(土) 
◇場所  御浜町市木稲荷神社駐車場へ集合
雨天の場合は中止となります。
◇募集人数 先着20名                           
◇参加料  700円 (傷害保険・郵送料他)                    
◇参加対象 4時間程度連続して歩くことのできる体力のある方。
(初級コースです)
◇準備物  ・昼食弁当・ヤッケなどの防寒具・雨具(ズボンつきのしっかりしたカッパ)
・長袖の服装・保険証・ トレッキング中の飲物・行動食など各自必要なもの。
◇申込先 「熊野自然学校」事務局まで Tel・FaxまたはE-mailでお申し込みください。
○ ℡・Fax  0597-84-0465(小西)
○ E-mail  kumano@ztv.ne.jp
◇申し込み締め切り   3月8日 (金)
◇その他  この企画は、参加者の自己責任において任意で参加していただく企画です。
  登山中の怪我や事故には加入する傷害保険の範囲内で対処することに同意の上
  お申し込みください。
◇日程表
・ 10:00  御浜町市「木稲荷神社」駐車場へ集合(受付・開校式)
・ 10:10  登山開始
・11:30   浅間山着(昼食)
・13:00  稚子塚
・14:00  「木稲荷神社」駐車場に
移動して解散
a0243432_20424338.jpg

今回のトレッキングは現地まで各自の車で移動して頂きますが、
現地の駐車場が狭いため、出来る限り乗り合わせでご参加ください。

◇熊野自然学校とは◇
熊野自然学校は熊野地域の豊かな自然を活用した体験活動を通じ、
青少年の豊かな心を育むとともに、家族間の絆を深め、幼児からシニ
アに至る多くの人々が熊野を舞台として交流を深めることをその目的
として、民間の有志により2008年の5月に設立された組織です。
[PR]
by kumanons | 2013-02-27 20:44 | アウトドア

続 汐ノ坂山トレッキング

汐ノ坂の途中の尾根には立派な炭窯が残っておりました。そういえば、周りの山にはコナラやカシなどの雑木林が繁っていましたので、炭焼きを生業にする方がいたのでしよう。
a0243432_1593618.jpg

[PR]
by kumanons | 2013-02-25 15:06 | アウトドア

汐ノ坂山 風雪トレッキング

尾鷲の裏山と言えばいいのかな?汐ノ坂を登りP868に登ってきました。登り始めると雪がバンバンふつてきて、結構積もっていました。
a0243432_1555041.jpg

[PR]
by kumanons | 2013-02-25 15:01 | アウトドア

岩茸倉に行ってきました

a0243432_2161990.jpg

今日は熊野市五郷町と飛鳥町の境に聳える岩茸倉(いわたけぐら)に登りました。登山路らしき物はなく、しかも一昨年の台風12号の影響で下山途中の谷のほとんどが崩落していますので、降りてくるのに8時間かかりました。この画像は岩茸倉の大絶壁にシーツの切れ端を設置し、村から望遠鏡で覗こうと思っている62歳の男です。
a0243432_217142.jpg

62歳の男の右手にご注目ください。なんと拳銃を携行しています。かれはアルカイダではありません。高校生の時、近くの高等学校の野球部でエースとして活躍し、もう少しで甲子園に出場するところだった男性です。拳銃携行の理由は熊対策なんです。熊野の山にはツキノワグマが生息しており、遭遇すると大変なのでイーストウッドさんからおかりしたマグナムです。今日は林道に降りる直前に、この男性が小型のツキノワグマを発見ましたが、この拳銃で追い払うことができました。ところで、この写真は頂上から五郷町を撮影したものです。
a0243432_2193119.jpg


ところで、この岩茸倉には悲しい歴史があります。といいますのは豊臣秀吉が天下を取った時に全国津々浦々で検地を行いましたね。いわゆる「太閤検地」です。そのころ奥熊野は免税地だったようですが、秀吉はそんなことを許さなかったようです。そのことに反抗した奥熊野の農民は一揆を起こしたそうです。それに対し豊臣群は軍勢をさしむけ、激しい対立となりました。平地で戦ったのでは勝ち目のない五郷村の農民達は結束して岩茸倉にたてこもりました。しかし、戦闘のプロ集団に勝てるわけが無く、頂上付近から追い落とされ、大又川河畔で斬首されました。翌年も藤堂高虎を大将として攻撃が続き、奥熊野一帯を制圧しました。高虎はその後、奥熊野に赤木城を築き、奥熊野の抑えとしたようです。高虎は一揆参加者の摘発を進め、築城祝いとして欺き、城に農民を招き入れ、反抗する農民など捕らえ、近くの田平子峠(たびらことうげ)で農民ををことごとく斬首したそうです。
一揆後、赤木城に行った農民で生きて帰った者はなく「行ったら戻らぬ赤木の城へ、身の捨て所は田平子じゃ」との言い伝えがあるそうです。現在、田平子峠に北山郷一揆殉難者供養塔が建立されています。
a0243432_21104098.jpg

困ったことがあります。岩茸倉に登る途中に903mの結構高い無名峰があります。3時間ほどかけてこの903mの無名峰に到着したときに、なんと新保色山と記した山名板があるではないですか!新保色山は隣の845mのかっこいい山です。旧日進小学校の裏に聳えるかっこいい山が新保色山(845m)です。山の会の皆さん、お間違いのないように気をつけてくださいね。 (下の画像が新保色山ですよ)
a0243432_21125297.jpg

[PR]
by kumanons | 2013-02-17 21:15 | アウトドア

霧氷いっぱいの高見山 続報

a0243432_21231886.jpg

すごい霧氷でした。でも松阪支部長は、この素晴らしい光景に驚いたのか、橋幸夫のレコード大賞受賞曲「霧氷」を鼻水たらしながら歌いだしてしまいました。しかし、この画像の人物は支部長ではありませぬ。
a0243432_2134218.jpg

頂上に着きましたが予想通り避難小屋は超満員でバーナーを着火することができませんでした。仕方なく展望台に登りましたが、思ったより風がなく結構暖かいのでお湯を沸かして持参のカップ麺を食べました。左から二人目の男性は胸に手りゅう弾のようなものをぶら下げておりますが、決して自爆テロリストではありません。
a0243432_21315429.jpg

やはりシェー人間がいましたね。バックは三峰山
[PR]
by kumanons | 2013-02-13 21:32 | アウトドア

霧氷の高見山 続報

a0243432_16442593.jpg

霧氷で有名な高見山に登りました。最近の暖かさでほとんど雪がない状況でしたが、奇跡的に前日に寒波が戻り、頂上付近には素晴らしい霧氷と眺望とに恵まれました。
a0243432_1638176.jpg

どうですか?みごとな霧氷ですね
a0243432_1633019.jpg

霧氷と青空がマッチしていますね
[PR]
by kumanons | 2013-02-10 16:34 | アウトドア

高見山の霧氷にムヒヨー

霧氷の高見山に登りました。とりあえず一報を
a0243432_220247.jpg

[PR]
by kumanons | 2013-02-09 21:58 | アウトドア

またまた大蛇峰に

a0243432_13533098.jpg

またまた大蛇峰に登ってきました。さすがに今年は巳年ということで、頂上はたくさんの人々で賑わっていました。大阪の堺からも来られていましたよ。
a0243432_13533264.jpg

自然学校のスタッフが登った時の記念ブレートもバッチリ
[PR]
by kumanons | 2013-02-03 13:48 | アウトドア

花の舞い

a0243432_11504428.jpg

花のお綱が風に舞い、下では少女が浦安を舞い、上空では鳶が舞っています。
[PR]
by kumanons | 2013-02-02 11:48