自然豊かな熊野の自然体験を紹介します


by drk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
昔のお話し
アウトドア
熊野の歳時記
アウトドア
自然
未分類

以前の記事

2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

フォロー中のブログ

最新のコメント

parnassius-..
by kumanons at 22:07
おはようございます。良い..
by parnassius-glacia at 06:10
こんにちわ。 三重県に..
by さらパパ at 09:49
関電の元巡視路と天川辻越..
by 尾鷲の登山者 at 16:43
さらパパさん ありがと..
by kumanons at 15:23
こんばんはー。 鳥取の..
by さらパパ at 21:43
ぶっしゅかんに似てるー
by 48 at 17:27
そろそろ??の時期ですね..
by 48 at 06:37
ハチノスタケでは?
by 市役所工事 at 06:43
楽しそうですね(*^^*)
by 48 at 21:01

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

最新の記事

四国
at 2015-11-29 23:12
初冠雪
at 2015-10-13 22:07
トレッキング
at 2015-10-05 07:20
素晴らしい熊野
at 2015-09-24 20:10
ばったりんピック
at 2015-09-24 20:07

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

中部
アウトドア

画像一覧

<   2013年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

磯辺の観察会を開催いたします

a0243432_2285654.jpg

熊野自然学校では下記の要領で、磯で遊ぼう「海辺の自然学校」を開催いたします。春のひと時を自然観察を楽しんでみませんか
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今年度、熊野自然学校の第1弾の企画として『海辺の自然学校』を計画いたしました。
春の大潮は一年のうちで最も潮がひく時期です。井内浦海岸の潮だまりには、ヤドカリ・
カニ・エビ・ハゼなどの小さな魚やウミウシ、そしてウツボなどがたくさん観察できます。
思いがけない生きものとの出会いがあるかもしれませんよ。
磯での生物観察にも絶好なこの機会に、ご家族そろって、ゴールデンウィークの磯遊びを
楽しんでみませんか。

☆主  催  熊野自然学校
☆実施日時  4月27日(土) 10時集合
※雨天時や波が高い場合は4月28日(日)に延期いたします。
☆集合場所  熊野市磯崎町 井内浦農村公園駐車場 
☆募集人数  20人(先着順)
☆参加対象  小、中学生とその保護者
☆参加料  大人  700円(傷害保険を含む)
        こども 500円
☆準備物  
タオル・帽子 ・飲み物 ・ぬれても良い服装(長ズボン、水着は擦り傷のおそれがあります)
・すべりにくい靴(サンダルはすべって危険です) ・軍手
・捕まえた生き物を入れるバケツなど。
※あればよいもの(着替え、網、箱めがね、水中眼鏡など)
※魚を突く「ヤス」・釣り具などは使えません。

☆申込先 「熊野自然学校」まで電話・FAX・E-mailでお申し込みください。
☆Tel/Fax 0597-84-0465   E-mail kumano@ztv.ne.jp 
☆その他  この企画は、参加者の自己責任において任意で参加していただく企画です。
行動中の怪我や事故には加入する傷害保険の範囲内で対処することに同意の上お申し込みください。

☆日程
10:00 受付・開校式
      磯遊びと生物観察会             
13:30 閉校式・解散

※28日に延期した場合の日程
11:00 集合・開会式
14:00 閉会式・解散
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
a0243432_22163557.jpg

[PR]
by kumanons | 2013-03-31 22:17 | アウトドア

八ヶ岳より生還しました

a0243432_16134298.jpg

偉い人がいるものです。私の友人のOさんが八ヶ岳に登って来たと連絡がありました。
この画像は12月の横岳ですね。
a0243432_16173417.jpg

こちらは3月の阿弥陀岳でしょうか。
技術・体力そして勇気と、とにかく彼女の馬力には驚かされますね。
以下に山行記録を掲載させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雪山の八ヶ岳を登って来ました。
 24年12月22日~23日 横岳~硫黄岳 (写真は、横岳) 
 25年1月19日~20日  東天狗岳
 25年2月10日~11日  赤岳県界尾根
 25年3月16日~17日  阿弥陀岳 (中岳から写す。阿弥陀岳を下って来たところ)

 春の八ヶ岳は、雪も融けだして、赤岳や横岳方面は岩肌が露出している。
阿弥陀岳登山は、快晴、無風で、最高の天気。
赤岳への登山者は、列をなしていた。

 私達の阿弥陀岳登山は、数人程度しか登って来ない。
なんとも言えない厳しい山。

しかし、頂上に立つと富士山が現れ、南アルプス、群馬県の妙義山、北アルプス、石川県の白山等々
が出迎えてくれました。
 下りは、バックステップで降りる。
股の間から、峪底が見え、ここに吸い込まれたら、あの世行き。。。。
本当に、素晴らしい景観を味わって来ました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今度は雪山でシェーのポーズを・・いやいや危険ですね。
[PR]
by kumanons | 2013-03-29 16:21 | アウトドア

絶景長尾山

a0243432_2131337.jpg

熊野市街地から育生町にいたる県道を走ると札立峠。峠より右折してしばらくすると標高782mの長尾山に到着する。駐車場に車を停めてひと登りすると頂上だ。ここからの眺めは最高の一言!
a0243432_2182996.jpg

七里御浜と太平洋を一望でき、熊野市磯崎港から新宮方面までが眼下に望めるのだ
a0243432_21134672.jpg

秋から冬にかけては、このように空を真っ赤に染める夕焼け
a0243432_21111738.jpg

そして大雲海が発生する
[PR]
by kumanons | 2013-03-18 21:11 | アウトドア

蛇行地形再訪

a0243432_22104876.jpg

今日は東紀州ジオパーク準備会のフィールドワークで北山川大蛇行地形を見学しました。
今回は地元ガイドの平野皓大さんに解説をお願いし、蛇行地形だけでなく北山川流域で生活する
人々の歴史や、生活などについて解説していただきました。
a0243432_22152637.jpg

落ちたらヤバイ展望台で解説する平野さん
a0243432_2221828.jpg

午後は二村さんの解説で北山川の河原に移動し、岩石の種類について説明を受けました。
チャートや流紋岩、そしてアプライトなどの石は完全にマスターしました。ホンマかな?
a0243432_22262622.jpg

礫岩ですね
a0243432_222487.jpg

この石でひと儲けできないか質問するマッキャンさん
[PR]
by kumanons | 2013-03-17 22:16 | アウトドア

浅間山に防空壕発見

a0243432_22584111.jpg

毎年実施しているトレーニング山行のため、御浜町の浅間山(せんげやま)に登ってきました。
標高は200mを少し超す程度の低い山ですが、海岸に近いため七里御浜が一望でき、すばらしい眺望です。
a0243432_2313888.jpg

頂上に至る尾根には富士遙拝所がありました。ということは富士山が見えたということでしょうか?
a0243432_233174.jpg

頂上から海岸に下る尾根は備長炭の原料となるウバメガシ(熊野ではバベと呼びます)の回廊が素晴らしいですね。
a0243432_235416.jpg

海岸近くになると、なんと戦時中の防空壕が残っていました。鉄兜をかぶった日本兵が隠れているのではないかとびくびくしました。
a0243432_237295.jpg

「ボークーゴー?懐かしいワヨ~!」と興奮する参加者
a0243432_2381038.jpg

素晴らしい場所で記念の写真を撮影しましtが、なぜか暗い表情でした。人生もっと明るく生きなきゃネ!
[PR]
by kumanons | 2013-03-16 23:09 | アウトドア

サンセット

a0243432_2132915.jpg

吉野熊野国立公園のサンセットです。
[PR]
by kumanons | 2013-03-11 20:58

沼津支部長より富士山の画像到着!

a0243432_223487.jpg

ヌマズ食わずの単身赴任生活を謳歌している熊野自然学校沼津支部長より富士山の迫真の画像が届きました。(掲載遅くなりゴメンでゴザルよ)
[PR]
by kumanons | 2013-03-09 22:05 | アウトドア

愛知県の岩峰にシェーおじさん登場

a0243432_2153818.jpg

熊野自然学校横浜特別顧問のMさんより、愛知県北設楽郡設楽町の岩古谷山(799m)の画像が届きました。
a0243432_21562194.jpg

二千万年前に噴火したとされる設楽火山の溶岩からなり、圧倒される山容(熊野に比べれば大袈裟ですが)
の写真です。
a0243432_21565110.jpg

ムムム・・・鳥インフルエンザならば鳥が飛ぶ所にウィルスが感染するが、シェーのポーズまで感染するとは!
[PR]
by kumanons | 2013-03-09 21:58 | アウトドア

瀞ホテルが再開に向けてスタートした

a0243432_2275698.jpg

瀞ホテルが再開に向けて動き始めたという情報をキャッチしたので、瀞峡まで走った 。
a0243432_2210940.jpg

やはり、その情報は正確だった。宿泊できるように修復するには規模な修繕が必要となるので、まずは食事と飲み物を提供できるように修繕する方向で進むということだ。
a0243432_22124674.jpg

8年ほど前のことだろうか、テレビで瀞ホテルが放映されていたので、翌日川船に乗って霧が立ち込める北山川を瀞ホテル目指してさかのぼった。古くはなっていたが、趣のある純和風の建物と2階の縁側からの瀞峡の眺めは最高だった。その後ホテルは経営者が病に倒れたこともあり休館し、一昨年の台風12号では城の石垣のように高く積み上げたホテルの一階まで濁流が押し寄せ、大きな被害をこうむった。画像は別館と本館をつなぐつり橋まで濁流が押し寄せたということを証明している。
a0243432_2226226.jpg

ホテルの再開を目指して取り組んでいる若い経営者にお話を伺った。宿泊できるように修復するには大規模な修繕が必要となるので、まずは食事と飲み物を提供できるように修繕する方向で進むということだ。
12号台風以来、熊野への観光客が減少し続け、現状は厳しいが、精魂こめて再開に向けて頑張っている姿を見ると、きっとかっての瀞ホテルのにぎわいを取り戻してくれるものと感じた。頑張ってもらいたい、そして私たちも何らかの方法で支援していきたいと考えた。
[PR]
by kumanons | 2013-03-05 22:35 | 熊野の歳時記

カワヅザクラ

a0243432_22105732.jpg



南国熊野では、カワヅザクラが咲き誇っています。カワヅザクラは、カンヒザクラとオオシマザクラの交雑種です。
[PR]
by kumanons | 2013-03-03 22:06