自然豊かな熊野の自然体験を紹介します


by drk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
昔のお話し
アウトドア
熊野の歳時記
アウトドア
自然
未分類

以前の記事

2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

最新の記事

四国
at 2015-11-29 23:12
初冠雪
at 2015-10-13 22:07
トレッキング
at 2015-10-05 07:20
素晴らしい熊野
at 2015-09-24 20:10
ばったりんピック
at 2015-09-24 20:07

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

中部
アウトドア

画像一覧

そのわけは地形図にありました

a0243432_9425637.jpg

地元外の山岳会などが旧日進小学校の裏山にそびえる標高845mの「新保色山」を「保色富士」と称し、その裏手にある903.2mの「無名峰」を「新保色山」と間違えて表示してしまった理由は、上の地形図に原因があると思われます。
国土地理院発行の地形図には845mも903.2m双方とも何の表示もされておりませんが、熊野市が昭和60年に発行した「熊野市全図」に903.2mの「無名峰」を間違えて「新保色山」と表示してしまったようです。
地元の方は「新保色山」とは旧日進小学校の裏山にそびえる山とわかっていますが、地元外の方は当然地形図などを参考にして山歩きをしますので、「ここは新保色山と違うじゃないか、903.2mの山は奥の山だぞ」と間違えてしまうのも仕方のないことかと思います。
特に最近は山の会などがインターネットに山行記録を頻繁に掲載しますので、知らず知らずのうちに903.2mの山が「新保色山」で845mの山は「保色富士」ということに定着しつつあるのでしょう。
このことに目くじらを立てて怒っているわけではありませんが、仮に他の国の人々から「富士山」は「御嶽山」という名前でインターネットや新聞などで紹介され、そのことが定着してしまえば日本人はどのように思うでしょうか?困りますね。
[PR]
by kumanons | 2012-04-12 10:07